データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】MLB、勝利目前でまたも逆転負け 指揮官、日本の粘りに脱帽「我々を上回っていた」

2018/11/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 
 「2018日米野球」第4戦は13日、マツダスタジアムで行われ、MLBオールスターチームは日本代表「侍ジャパン」に最終回に逆転を許し、3-5で敗れた。
 
 2点リードで迎えた9回表、日本の緻密な攻撃の前に4点を失い、今大会2度目の逆転負けを喫した。犠打に2つの盗塁、セーフティスクイズを許し、一気に試合の流れを引き渡した。

 
 MLBオールスターチームのドン・マッティングリー監督は「日本の野球はきちんとバントをして、ランナーを進めていくという評判は聞いていた」と話し、あらかじめ警戒していた様子。9回の守備も良い形だったと振り返り、「日本チームはいい形でヒットを打つことができていた。打席をファールで粘る、いい形で打球を飛ばす。粘りを見せていた部分で我々を上回っていたと思う」と舌を巻いた。

 
 シリーズ初の屋外球場での試合となったが、「雰囲気がとても素晴らしく、やや寒かったけどそれほど影響はなかった。非常にいい試合ができた」とコメント。さらに「特に前田(健太)投手は先発して2イニングをしっかり抑えた。なんとか勝ちたかったが、リードを守ることができなかった」と凱旋登板を果たした右腕をねぎらった。

 
 今シリーズの対戦成績は1勝3敗。第5戦から舞台をナゴヤドームに移す。負ければ侍ジャパンに勝ち越しを許してしまうこの一戦。“世界最強”のMLBオールスターは意地を見せられるか。

 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部