データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ヤンキース・アンドゥーハー、米メディア選出の最優秀新人に 「二刀流」大谷は大差の2位

2018/10/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 
 米スポーツ専門メディア『スポーティング・ニュース』は15日(日本時間16日)、注目される最優秀新人賞を独自に発表。アメリカン・リーグからはニューヨーク・ヤンキースのミゲル・アンドゥーハー内野手を選出した。
 
 アンドゥーハーに次いで2位につけたのは、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手。しかし得票ではアンドゥーハーに大差をつけられてしまった。
 
 全米野球記者協会(BBWAA)に所属する記者の投票で選出される新人王。今年のア・リーグの争いはアンドゥーハーと大谷の一騎打ちと見られており、注目が集まっている。
 
 アンドゥーハーは今季27本塁打を放ち、チームのシーズン本塁打におけるメジャーリーグ記録更新に大きく貢献。また、今季は三塁手として定着し、149試合に出場、打率.297、92打点を挙げ、球団の新人記録となる47二塁打の活躍を見せた。
 
 本来であればアンドゥーハーは新人王獲得に文句なしの成績だが、投手で4勝、打っては打率.285、22本塁打、61打点を記録し「二刀流」として活躍した大谷との争いはし烈を極めている。衝撃のデビュー年を飾った大谷が、日本人4人目となる新人王を獲得するか注目だ。