データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本人1年目最多HR、最速162キロを記録……大谷翔平、衝撃のルーキーイヤー【編集部フォーカス】

2018/10/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



実戦復帰の7月、足でも見せた二刀流


・打者として1カ月ぶりに実戦復帰
 3日(日本時間4日)の敵地シアトル・マリナーズ戦に「6番・指名打者」で実践復帰。復帰1戦目は結果が出なかったが、翌日の同一カードで二塁打を含む2安打をマークした。
 
・24歳の誕生日、米公式サイトが球歴を紹介
 7月5日に24歳の誕生日を迎えた。米公式サイト『MLB.com』では、年齢にちなみ、野球にまつわる24のエピソードを紹介している。当日の敵地マリナーズ戦は、代打出場。誕生日アーチが期待されたが、空振り三振だった。
 
・球団最速の一塁到達タイム「3.82秒」
 7月21日(同22日)、本拠地でのヒューストン・アストロズ戦に「5番・DH」で先発出場。大谷は第1打席でセーフティーバントを試みた。結果はアウトとなったが、一塁到達タイムは3.82秒という球団最速を記録した(現地21日時点)。
 

・女房役の放出
 大谷の女房役のマーティン・マルドナード捕手が26日(同27日)、ヒューストン・アストロズにトレード移籍。大谷はマルドナードの母国語であるスペイン語でコミュニケーションを取るなど、無二の信頼を寄せていた。

1 2 3 4 5 6 7



  • 記者募集