データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



MLBが「R・クレメンテ賞」候補者を発表 慈善活動などを積極的に行った選手たちを称える名誉

2018/09/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



サバシア、ターナー、スズキらが名を連ねる

 
 MLBは4日(日本時間5日)、2018年度のロベルト・クレメンテ賞候補者を発表した。同賞は球場の内外を問わず、地域活動や慈善活動を積極的に行ったメジャーリーグ選手に与えられる。
 
 賞の名前の由来となったロベルト・クレメンテ氏は、メジャーリーグにおけるラテンアメリカ系選手の先駆け的存在であることに加えて、慈善活動を献身的に行っていたことで知られており、1972年のシーズンオフにニカラグア大地震の被災地へ救援活動を行うために向かう途中で航空機事故により死亡した。
 
 そのクレメンテ氏の業績を称えるため、MLBは9月5日(同6日)を「ロベルト・クレメンテ・デー」とし、その日行われる全試合の前にホームチームからのロベルト・クレメンテ賞候補者を紹介。球場スクリーンで氏の生前のビデオを放映するセレモニーを行う他、ベース上にはロベルト・クレメンテ・デーのロゴが表示される。
 
 ロベルト・クレメンテ賞はジャーリーグの各球団から候補選手が1人ずつ選出され、ワールドシリーズ開催中にその年の受賞者が発表される。受賞者の選出はメジャーリーグ関係者とクレメント氏未亡人から構成されるブルーリボン委員会での投票に加え、MLB公式サイトからのファン投票で決定される。
 
 今回アトランタ・ブレーブスからノミネートされた日系3世であるカート・スズキ捕手は、2009年に交通事故で大怪我を負った大学の元チームメイトの治療とリハビリを支援するための募金活動を主導。現在は腎臓疾患の研究を支援するための「カート・スズキ財団」を運営するほか、地元アトランタでブレーブスが行う様々な社会貢献活動に積極的に参加している。
 
全球団からの候補者は以下の通り。
 
【アメリカン・リーグ東地区】
クリス・デービス(オリオールズ)
ブロック・ホルト(レッドソックス)
C.C.サバシア(ヤンキース)
マレックス・スミス(レイズ)
ケビン・ピラー(ブルージェイズ)
 
【アメリカン・リーグ中地区】
ホセ・アブレイユ(ホワイトソックス)
カルロス・カラスコ(インディアンス)
マイケル・フルマー(タイガース)
ダニー・ダフィー(ロイヤルズ)
ジョー・マウアー(ツインズ)
 
【アメリカン・リーグ西地区】
チャーリー・モートン(アストロズ)
アンドリュー・ヒーニー(エンゼルス)
チャド・ピンダー(アスレチックス)
ネルソン・クルーズ(マリナーズ)
コール・ハメルズ(レンジャーズ)
 
【ナショナル・リーグ東地区】
カート・スズキ(ブレーブス)
マーティン・プラド(マーリンズ)
スティーブン・マッツ(メッツ)
リース・ホスキンス(フィリーズ)
ライアン・ジマーマン(ナショナルズ)
 
【ナショナル・リーグ中地区】
ジョン・レスター(カブス)
タッカー・バーンハート(レッズ)
コーリー・クネイベル(ブリュワーズ)
ジェイムソン・タイロン(パイレーツ)
ヤディアー・モリーナ(カージナルス)
 
【ナショナル・リーグ西地区】
ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)
イアン・デスモンド(ロッキーズ)
ジャスティン・ターナー(ドジャース)
クレイトン・リチャード(パドレス)
バスター・ポージー(ジャイアンツ)
 
※ハメルズは現在カブスに在籍。