データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大、今季ワーストの被安打10で5敗目 ヤンキースはミス連発で連勝ストップ

2018/08/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が27日(日本時間28日)、本拠地ヤンキー・スタジアムでのシカゴ・ホワイトソックス戦に先発登板し、7回4失点で5年連続となる2ケタ勝利は挙げられず今季5敗目を喫した。
 
 中5日を置いて登板した田中は、初回を難なく3者凡退に抑えると、走者を置きながらも序盤3回までを無失点に抑える上場の立ち上がりを見せた。4回は、先頭のアンダーソンに81.8マイル(約132キロ)のスライダーをライトへ運ばれ二塁打とされると、その後も安打と死球で満塁。しかし、マット・デビッドソン内野手、オマー・ナルバエズ捕手を続けて空振り三振に仕留めるなど無失点で切り抜ける。
 
 するとヤンキース打線は、直後にグレーバー・トーレス内野手がバックスクリーンへ2ラン本塁打を放ち2点を先制。新人のトーレスが第20号を打ったことで、ミゲル・アンドゥーハー内野手とともに、新人の2選手が1シーズンで20本以上の本塁打を放ったのはヤンキース史上初めて。
 
 2点の援護をもらった田中は、5回は無失点に抑えたものの、6回に再び試練を迎える。1死一、二塁からナルバエズの三塁線への打球を捕球した田中が一塁へ悪送球し満塁としてしまうと、ここでヨアン・モンカダ内野手に初球の90.3マイル(約145キロ)のシンカーを右中間へ運ばれ、2点タイムリー二塁打となって2-2の同点とされてしまう。なおも二、三塁とピンチは続き、ニッキー・デルモニコ外野手に犠飛を打たれて2-3と逆転を許した。
 
 7回にも犠飛で1失点した田中は、この日7回98球(ストライク71球)を投げて被安打は今季ワーストの10、与四球1、与死球1、奪三振7、失点4の成績で、防御率は3.97。5度目の挑戦となった自身5年連続2ケタ勝利はならなかった。
 
 ヤンキースは、2点を追う9回にファーストのルーク・ボイド内野手のエラー、3番手で登板したA.J.コール投手の暴投でさらに2失点。その裏の攻撃では、走者を1人を置くも後続が打ち取られ2-6で敗戦。チームの連勝は4でストップし、先発の田中は今季5敗目を喫した。
 
 また、この日、アメリカン・リーグ東地区首位のボストン・レッドソックスは試合がなかったため、両チームのゲーム差は6.5ゲームに広がっている。