データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大「諦めずしのげた」初回ピンチ跳ね除け9勝目 指揮官もポストシーズン見据え期待

2018/08/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は7月31日(日本時間8月1日)、本拠地ヤンキー・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に先発登板し、6回無失点の好投で今季9勝目を挙げた。
 
 前回登板の完封勝利から中6日を置き、日系4世のカイル・ヒガシオカ捕手とバッテリーを組んでマウンドに登った田中は、初回を31球を要して無失点で立ち上がる。
 
 1-0とリードして迎えた3回には、無死二塁から後続を圧巻の3者連続三振に打ち取り切り抜けると、ヤンキースはミゲル・アンドゥーハー内野手の3ラン本塁打などで得点を重ね5回までに6-0と大きくリードを広げた。
 
 多くの援護をもらった田中はその後も好投を続け、6回は1死一、二塁のピンチを背負ったものの連続三振に抑えて無失点。リリーフ陣に後を託した。
 
 田中はこの日6回105球(ストライク66球)を投げ被安打3、与四死球3、奪三振8、無失点で防御率は3.84。ヤンキースは6-3で勝利し、田中には今季9勝目が付いた。なお、この日奪った8つの三振の様子は、球団の公式ツイッターで紹介されている。
 
 米公式サイト『MLB.com』によれば、田中は試合後「(初回は)明らかに厳しいイニングだった」と通訳を介して話し、「ボールやプレートの感触が良くなかったが、諦めることなくイニングをしのぐことができた。本当に良かったと思う」と初回のピンチから切り抜け、徐々に調子を掴んでいった投球を振り返った。
 
 また、ヤンキースのアーロン・ブーン監督も「昨季もオールスター後は良かったし、誰もがポストシーズンでどれほど素晴らしいか見ていた。彼は本当に重要な投手。良い2番手の投手になってくれる」とポストシーズンを見据えて、投手陣の中の頼もしい存在として期待を込めている。
 
 ヤンキースは6月以来の3連勝。この日敗れたアメリカン・リーグ東地区首位のボストン・レッドソックスとの差は5.0ゲームに縮まった。

1 2