データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



データで見るマエケン復活 12度の“早期決着”。9打数で5奪三振を生んだ“球種”とは

2018/06/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



4度の3者凡退。気迫の投球で4連勝に貢献

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が25日(日本時間26日)、本拠地ドジャー・スタジアムで行われたシカゴ・カブス戦に先発登板し、7回を投げ9奪三振無失点の好投を見せ、今季5勝目を挙げた。
 
 中5日を空けて故障者リスト明け3戦目の登板となった前田。初回、2死から四球を与えたが、4番のアンソニー・リゾ―内野手をチェンジアップで空振り三振に仕留めて無失点の立ち上がりを見せる。2回も3つのアウト全てを三振で取る快投で無失点として、前田はここからギアを上げていった。
 
 エンリケ・ヘルナンデス内野手の第13号ソロ本塁打で1点の援護をもらった前田は3回、4回を3者凡退に打ち取り8者連続アウトを記録。5回は、再びシュワーバーに右前安打を許し、その後一、二塁としたが、続くジメネスは送りバントを打ち上げ捕邪飛。飛び出したシュワーバーを二塁封殺として併殺を完成。後続も打ち取り無失点で切り抜けた。
 
 6回もこの日3度目の3者凡退とした前田は、終盤7回のマウンドを迎える。簡単に2死とし、最後はこの日2安打を浴びているシュワーバーを84.9マイル(約137キロ)のチェンジアップで空振り三振に仕留めてこの日4度目の3者凡退。前田はマウンドで雄叫びを上げ、大観衆の拍手を浴びながらベンチへと下がった。
 
 この日の前田は7回84球(ストライク59球)を投げて被安打3、与四球1、奪三振9、無失点の好投。防御率を3.44として、勝利投手の権利を持って交代となった。
 
 ドジャースは、その後ソロ本塁打によって2-0と突き放しに成功。このリードを前田の後を受けた2番手スコット・アレクサンダー投手、クローザーのケンリー・ジャンセン投手が守り切って2-1で勝利し、4連勝。これによって先発の前田は復帰後初勝利となる今季5勝目を挙げた。

1 2