データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】フィリーズに現れた“新星”が17戦10発のMLB新記録を樹立

2017/08/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 フィラデルフィア・フィリーズに所属するリース・ホスキンス内野手が、26日(日本時間27日)の本拠地でのシカゴ・カブス戦の初回に2ラン本塁打を放ち、史上最速試合数(17)での10本塁打到達のMLB新記録を達成した。
 
 24歳で右投右打のホスキンスは、今季はトリプルAでシーズンをスタート。打率.284、29本塁打、91打点と活躍し、8月にMLBに昇格した。
 
 デビューしてから最初の3試合は無安打だったが、5戦目から本塁打を量産。いきなり2本塁打を放つと、この日までの16試合で9本塁打を放っていた。
 
 そして、迎えた26日のカブス戦。ホスキンスは初回に2ランを放ち、キャリア17試合で10本塁打という史上最速の記録を打ち立てることに成功した。
 
 今季のホスキンスは17試合で打率.300、10本塁打、23打点と驚異的な成績。また新たに現れた“新星”に今後も目が離せない。