データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「今季は昨季よりかなり良い状態」頼れるセットアッパー・田沢純一、キャンプインへ

この2年間セットアッパーとして大車輪の活躍をしてきた田沢。今オフの充実とこれまでに得た自信を語る右腕は今季も変わらぬ雄姿を見せてくれそうだ。

2015/02/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



2年で積み上げた自信

 特集の中で田沢は自身の役割についても言及している。
 
“I don’t feel that my role has changed,” Tazawa said. “I know there are a lot of new guys [in the bullpen] but I’m just going to go out when my manager says I need to go out.
“I feel that I have a lot of experience on big stages, including the World Series. I feel I know how to prepare for my role, so I feel a little bit more comfortable.”
「自分の役割が変わったとは思っていない」と田沢は言う。「(ブルペンに)たくさんの新しい選手は入ってきたけど、自分は監督に行けと言われたら行くだけだ」「ワールドシリーズを含め、自分は大舞台でもたくさんの経験を積んできた。自分の仕事に対する準備の仕方は知っているし、少し快適にもなってきている」
 
 言葉の節々からトップセットアップマンとして2年間投げ抜いてきた自信が見受けられる。一昨年の大舞台での経験、そして去年万全ではない中で、1年間高いレベルで投げ抜いてきたことに本人の中で確かな手ごたえがあるのだろう。大補強の打撃陣に対して不安視されている投手陣を考えるとこの田沢の発言はファレル監督にとっても頼もしい限りなのではないか。
 
 再起を狙うレッドソックス、今年も田沢は変わらぬ活躍でチームを支えてくれそうだ。
 
出典:Red Sox’ Junichi Tazawa is rested and ready by Peter Abraham in The Boston Grobe Feb.20 2015

1 2



  • 記者募集