データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



行先はアメリカ? グリエル兄弟ら出場中のカリビアンシリーズで、キューバ代表2選手が失踪か

カリビアンシリーズ開催期間中に、キューバ代表2選手が失踪したと地元紙が報じている。おそらく米球界入りを目指してのものという見方が強い。なお同日にはMLBが、キューバ人選手との契約時の規制緩和を発表したばかりだった。

2015/02/06

text By

photo

Yasumitsu Takahashi

タグ: , , , , , , , ,



カリビアンシリーズで、キューバは苦戦

 現在のところ、開催地プエルトリコでは、大会の盛り上がりに水を差すこの件について、思ったほど大きな報道はされていない。地元プエルトリコの不調のほうが大きなニュースとなっている。
 
 19歳のグティエレスは2013-14シーズンにピナール・デル・リオでキューバリーグデビューし、同年の新人王に選出されている期待の若手投手。今大会の登板はなし。一方、マタンサスでプレーする30歳のモレイラは、キューバ代表の正遊撃手でもあり、カリビアンシリーズのための補強選手の一人として今大会プレーしていた。失踪当日のデーゲーム(対ドミニカ共和国戦)でも1番ショートでスタメン出場し、チーム唯一の得点となるタイムリーを含む4打数2安打1打点と活躍したばかりであった。
 
 地元紙の報道によると、キューバ人選手はセキュリティー度の高いサンファン市内のヒルトン・ダブルツリーに宿泊しているが、火曜の夜9時半に2選手の失踪が報告されたということである。
 
 ちなみに、同じ火曜日にはMLBが、キューバ人選手との契約時に必要とされていた米財務省外国資産管理局の特別許可が不要となり、今後、キューバ人選手はキューバ国外での住居を証明する宣誓書のみの確認で済むということが発表したばかりであった。
 
 今大会にはMLBのスカウトたちが多数詰めかけている。とりわけキューバが登場する試合のバックネット裏はスピードガンやカメラを携えた人々で席が埋まるといっても大げさではないほどである。上述のMLBの発表も重なり、米球界の目は確実に今まで以上に、キューバへと向けられるであろう。
 
 現地2月5日のベネズエラ戦を落としたキューバ代表ピナール・デル・リオは1勝3敗で予選リーグを終了。他チームの結果次第でこのまま敗退の可能性も出てきた。人材流出が続くキューバ球界にとって多くの点で非常に痛い事実が突きつけられているカリビアンシリーズとなっている。
 
出典:“Dos peloteros abandonan equipo cubano en la S.C.” by Lasmayores.com, “Desertan dos jugadores cubanos en P.R.” by ChristianFuentes in Metro puerto rico

1 2





  • 記者募集