データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



柱はエース・田中のみ…ヤンキースは苦難のシーズンに。攻守に隙ないRソックスが本命【MLB展望:ア・リーグ東地区】

2017/04/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



オルティスは引退も、若手台頭で盤石の打線

ア・リーグ東地区
◎ボストン・レッドソックス
〇ボルチモア・オリオールズ
〇トロント・ブルージェイズ
△ニューヨーク・ヤンキース
×タンパベイ・レイズ
 
 オフにはシカゴ・ホワイトソックスから剛腕、クリス・セールの獲得に成功。セール、デービッド・プライス、昨季サイ・ヤング賞のリック・ポーセロの三本柱はMLB全体でも最強クラスとなった。
 
 一方、ブルペン陣は上原浩治、田澤純一の日本人コンビに加え、ブラッド・ジーグラーといった選手が退団。さらに、代わりに獲得したタイラー・ソーンバーグは開幕DL入りが決まった。抑えのクレイグ・キンブレルは健在だが、計算の立つリリーフ投手が少なく、唯一の不安要素になった。
 
打線は、昨季打率.315、38本塁打、127打点をという成績を残し、惜しまれつつ現役引退となったデイビッド・オルティスの穴が生じた。しかし、レッドソックスでは世代交代が上手く進んでおり、MVP投票2位のムーキー・ベッツ外野手、ザンダー・ボガーツ内野手、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア外野手などの若手が台頭している。
 
 さらに、ハンリー・ラミレス内野手やダスティン・ペドロイア内野手、クリス・ヤング外野手といったベテラン選手も実力は健在。また、守備に長けたミッチ・モアランドも補強し、攻守に隙がない陣容となった。

スポンサードリンク

1 2 3
shiro