データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】カブス・川崎、開幕前にまさかの解雇。球団はマイナー契約での再契約希望か

2017/03/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 シカゴ・カブスのスプリング・トレーニングに招待選手として参加していた川崎宗則内野手が、現地時間28日(日本時間29日未明)、解雇されることが発表された。
 
 ここまでオープン戦17試合に出場し、打率.282という成績を残していた。
 しかし、1軍の二塁手、遊撃手には若手のハビアー・バイエス、アディソン・ラッセル、ベン・ゾブリストといったベテランが控えており、昇格は難しいと判断されたようだ。
 
 地元紙「シカゴ・トリビューン」では、現地28日付で川崎の解雇を取り上げ、球団が再契約を望んでいる旨の特集を報じている。
 
 記事では、カブスは開幕前に解雇という選択肢を選んだが、近いうちにマイナー契約で再契約を望む方針であるとされている。
 
 そして、カブスのジョー・マドン監督は以下のコメントを残した。
 
「私たちは彼が再契約で戻ってくることを望んでいる。彼のような男は、いかに良くプレーをして、もしかすると見えてくるメジャー昇格の可能性を活かすことが必要で、それが全てだろう。しかし、やはり私たちは彼がカブスに戻ってきてほしいと思っている」
 
 他球団でメジャー昇格を得ることに肯定的な指揮官だが、ムードメーカーや内野のバックアップが務まる川崎が再びカブスに所属して戦力になることを望む発言も見られた。
 
「解雇というのは厳しい言葉だが、私はその言葉を修正することが出来ると思っている。私は川崎に戻ってきてほしいと思っているしね。」
 
 開幕寸前の解雇となり、再びどの球団とも契約が可能になった川崎。
 日本球界復帰の可能性も出てきたが、MLB屈指の人気者は、次はどのような選択肢を選ぶだろうか。