データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】ダルビッシュ&田中も上位にランクイン! 2017年シーズンのベストバッテリー10傑

2017/02/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



 MLB公式サイト『MLB.com』が選ぶ、「2017年シーズンの最高のバッテリー・トップ10」に、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手とジョナサン・ルクロイ捕手、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手とゲーリー・サンチェス捕手のバッテリーがそれぞれ3位と4位に選ばれた。このランキングは2017年に予想されるWAR(チームへの貢献度を総合的に示す指標)の合計を基に作成されたランキングである。
 
 ダルビッシュは、怪我の影響で昨シーズンは17試合の先発にとどまったが、100回1/3で132個の奪三振を奪ったように、健康なら素晴らしい投手だとしている。
 
 今回、使用された予想WARはMLBの先発投手の中でも7番目となる4.5だ(昨シーズンは2.7)。
 
 一方で、捕手を務めるルクロイは昨シーズンにキャリアハイの24本塁打を放ち、WARは全捕手の中で最高の4.5を記録。30歳という年齢からも今季も同じような成績が残せると予想されている。
 
 田中については、肘の状態を疑問視しながらも、今季も成功し続けると予想した。
 
 2017年シーズンの予想WARは3.8で、MLBの先発投手の中で18番目(昨シーズンは4.6)。
 
 一方で捕手のサンチェスは昨シーズンに彗星のごとく現れた期待の若手捕手で、53試合で記録した20本塁打、長打率.657は昨季の後半戦の最も大きな話題のひとつだったとしている。
 
 1位にはロサンゼルス・ドジャースのクレイトン・カーショウ投手とヤズマニ・グランダール捕手のコンビが、2位にはサンフランシスコ・ジャイアンツのマディソン・バムガーナー投手とバスター・ポージー捕手のバッテリーがそれぞれランクインを果たした。
 
 算出される数字の上ではMLB全体でもトップクラスのダルビッシュと田中。今季は更なる活躍をして、チームの勝利に貢献したいところだ。