大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » メジャーリーグ最新情報 » 「判決前に変更も」大谷翔平、水原一平被告の違法賭博問題がまだ続く!? 米メディア「ミズハラの求刑は…」【海外の反応】

「判決前に変更も」大谷翔平、水原一平被告の違法賭博問題がまだ続く!? 米メディア「ミズハラの求刑は…」【海外の反応】

2024/05/17

text By



ドジャース・大谷翔平(右)と水原一平元通訳

大谷翔平 最新情報

 ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手は、専属通訳を務めていた水原一平被告が違法賭博に関与したことで調査を受けている。詳しい行動が明らかになる中、水原被告は銀行詐欺と税金詐欺について無罪を主張するようだ。米メディア『ハミルトンスペクテイター』のステファニー・ダジオ記者が言及した。

 

今シーズンの大谷翔平はSPOTV NOWで全試合生中継!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]

 
 検察当局によると、水原被告は数年にわたる計画で、スポーツ賭博の借金返済のために大谷から1700万ドル(約26.3億円)近くを盗み、時には銀行関係者に対して大谷になりすましたという。水原被告は5月5日(日本時間6日)、疑惑の詳細を記した司法取引に署名し、検察はその数日後に発表した。
 

 
 ジーン・P・ローゼンブルース連邦判事は、銀行詐欺と虚偽の申告を引き受けたことに対する司法取引の申し立てを水原被告に求める予定である。水原被告はすでに司法取引に合意しているが、今回の無罪答弁は裁判が継続するための形式上の手続きである。後日、水原被告は有罪を認める見込みだ。
 
 この状況にダジオ氏は「水原の司法取引によれば、彼は大谷選手に対し、総額1700万ドル近い賠償金と100万ドル以上の国税庁への支払いを要求される。これらの金額は判決前に変更される可能性がある。銀行詐欺罪は最高で連邦刑務所30年、虚偽申告罪は最高で連邦刑務所3年の求刑だ」と言及した。
 
【関連記事】
【打者部門】大谷翔平は何位? MLBナリーグ打撃成績ランキング
ドジャース、高額年俸ランキングトップ10
【速報】大谷翔平、きょうの結果は? 個人成績詳細・試合スコア一覧
 

 
【了】