大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » メジャーリーグ最新情報 » 「打撃を与える」大谷翔平の元通訳・水原一平被告の違法賭博に思わぬ悪影響が!? 米メディア「この規模では…」【海外の反応】

「打撃を与える」大谷翔平の元通訳・水原一平被告の違法賭博に思わぬ悪影響が!? 米メディア「この規模では…」【海外の反応】

2024/05/17

text By

photo

Getty Images



ドジャース・大谷翔平(右)と水原一平元通訳

大谷翔平 最新情報

 ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手の通訳を務めていた水原一平被告のスキャンダルによって、米国の賭博業界に変化が起こるかもしれない。米メディア『casino.org』が報じている。

 

今シーズンの大谷翔平はSPOTV NOWで全試合生中継!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]

 
 水原被告は自身を大谷であると偽って大谷の口座から1600万ドル(約25億円)以上を盗み、銀行員を騙したことで銀行詐欺罪で訴追されている。盗まれたお金の送金先について、米メディア『ESPN』のティシャ・トンプソン記者は先日、カジノ経由で胴元のマシュー・ボウヤー氏の口座に送金され、チップを現金化していたと報じた。ボウヤー氏はカジノ企業「リゾーツ・ワールド」の常連客である。
 

 
 マレーシアを拠点とするレジャー企業「ゲルティン」は「リゾーツ・ワールド・ニューヨーク」を所有しており、規模拡大のためニューヨーク市にライセンスの認可申請を行なっている。ギャンブル業界の法律専門家であるネルソン・ローズ氏は「カジノライセンス取得の基準のひとつは評判である」と語り、ライセンスの可否において、評判が重要になるとした。そのため、同企業は州の公立教育システムに40億ドル以上を提供し、信頼を築いてきた。
 
 しかし、この水原被告も関与した大規模なスキャンダルにより、ゲルティンの計画に影響が生じる可能性が出てきた。ローズ氏は「この規模のスキャンダルは、特に合法的なスポーツベッティングが全米で爆発的に普及した直後であるため、賭博業界に打撃を与える。 米連邦最高裁が各州のスポーツ賭博合法化を阻む連邦法を破棄したのは2018年5月のことだった」との見解を示している。
 
【関連記事】
【打者部門】大谷翔平は何位? MLBナリーグ打撃成績ランキング
ドジャース、高額年俸ランキングトップ10
【速報】大谷翔平、きょうの結果は? 個人成績詳細・試合スコア一覧
 

 
【了】