データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カブス川﨑が、今季もウェーバーを経由しないで降格される理由

カブスの川﨑宗則は、メジャー昇格後すぐにマイナーへ降格となった。

2016/04/25

text By

photo

Getty images

タグ: , , , , , , , ,



川﨑の今後は?

 川﨑は渡米5年目なので、フルシーズンは5年に達していない。カブスでは川﨑の他に、ホルヘ・ソレーアにも4つ目のマイナー・オプションがある。

 今シーズンもまた、川﨑はメジャーとAAAを何度か往復することになるだろう。再昇格しても、メジャーに残り続ける可能性は低い。過去3年のメジャー昇格とマイナー降格は、2013年が3度&2度、2014年が2度&1度、2015年は5度&4度だった。

 ただ、川﨑と同じ左打ちの控え内野手であるトミー・ラステラにも、マイナー・オプションは残っている。2人は、小柄でパワーに欠ける点も共通している。出場機会は少ないだろうが、川﨑がメジャーで結果を残せば、故障者が復帰した際や投手が足りなくなった場合にマイナーへ落とされるのは、川﨑ではなくラステラということも起こり得る。

 なお、マイナーに落とした選手を再び昇格させるまでには、少なくともマイナーで10日を経なければならないが、川﨑はすでにその期間を終えている。

 カブスは6月23~26日と8月1~3日に、イチローのいるマーリンズと対戦する。また、川﨑がかつてプレーした2チームのうち、ブルージェイズ戦はないものの、マリナーズとは7月29~31日に試合が組まれている。

1 2


  • 記者募集