データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カブス川﨑が、今季もウェーバーを経由しないで降格される理由

カブスの川﨑宗則は、メジャー昇格後すぐにマイナーへ降格となった。

2016/04/25

text By

photo

Getty images

タグ: , , , , , , , ,



ルールの特例に該当する

 カブスの川﨑宗則が、開幕早々に昇格と降格を味わった。カイル・シュワーバーの負傷により、4月8日にAAAからメジャーへ呼ばれ、シュワーバーは手術を受けてシーズン絶望となったものの、ハビア・バイエズが故障者リストから戻ってきたのに伴い、1週間後の15日にAAAへ送り返された。

 球団がすんなりとマイナーへ落とすことができるのは、マイナー・オプションが残っている選手だけだ。3シーズン分のマイナー・オプションを消費し、アウト・オブ・オプションとなった選手を降格させる場合は、ウェーバーにかける必要があり、その公示期間中は他球団に獲得される可能性が生じる。

 昨シーズンを終えた時点で、川﨑はすでに3シーズン分のマイナー・オプションを消費している。マリナーズでプレーした2012年はシーズンを通してメジャーで過ごしたが、その後、ブルージェイズへ移ってからの3シーズンは、メジャーとAAAを行き来した(1シーズンに何度マイナーへ降格しても、消費されるマイナー・オプションは1つだ)。マイナーにいた合計日数がシーズン20日未満であれば、マイナー・オプションは消費されないが、川﨑は3シーズンともマイナーで20日以上を過ごしている。

 それなのに、なぜ、カブスは川﨑をウェーバーにかけることなくマイナーに落とせるのだろうか。

 多くのルールがそうであるように、マイナー・オプションにも例外が存在する。3シーズン分を消費しても、プロとして5年のフルシーズンを終えていない選手に限っては、4つ目のマイナー・オプションが加わる。プロとは、メジャーあるいは傘下のマイナーを指す。1シーズンの間に、それらのアクティブ・リスト(メジャーは25人ロースター。マイナーはクラスによって人数が異なる)に入っていた合計日数が90日に達すると、フルシーズンと数えられる。

【次ページ】川﨑の今後は?

スポンサードリンク

1 2
shiro