プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、衝撃の1対6トレード案も! ライバル球団へ移籍なら…米メディア「双方の組織が一変する取引になる」【海外の反応】

2022/10/26

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が、ライバル球団のロサンゼルス・ドジャースへ移籍する場合、1対6という比率でのトレードが実現するかもしれない。米メディア『スポーツ・イラストレイテッド』が報じている。

 

 
 エンゼルスは今季開幕前、課題の投手陣強化に乗り出した。8年ぶりのプレーオフ進出を目指して2022シーズンに臨んだが、結果は73勝89敗のア・リーグ西地区3位に終わっている。シーズン中には球団記録更新の14連敗や監督交代もあった。チームが変わらないままであれば、来季も同じような結果に終わるかもしれない。
 

 
 同メディアは、エンゼルスが大谷をドジャースに提供すると予想した上で、ドジャースからはダスティン・メイ、ディエゴ・カルタヤ、マイケル・ブッシュ、ギャビン・ストーン、アンディ・ページズ、ジェームズ・アウトマンの6人を受け取るという大胆な1対6トレード案を考案した。
 
 続けて「この案は、エンゼルスがトッププロスペクト100に入る選手を6人獲得するものだ。双方にとって組織が変わるような取引になるだろう」とし、変革が必要なエンゼルスにとってもメリットがある内容だと伝えた。