プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平所属のエンゼルス、大きな改革が必要な球団の一つ! 米メディアが提案「質の高い投手とベストに導く監督を加えるべき」【海外の反応】

2022/10/25

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 米メディア『コールドワイヤー』が、今オフに大きな改革が必要なメジャーリーグの球団を3つ選出した。その中の一つとして、大谷翔平選手が所属するロサンゼルス・エンゼルスも含まれている。

 

 
 エンゼルスは今季、73勝89敗のア・リーグ西地区3位でシーズンを終えた。マイク・トラウトがア・リーグ2位の40本塁打、大谷がア・リーグ4位の34本塁打を放ちながら、8年連続でプレーオフ進出を逃している。
 

 
 そのことを踏まえ、同メディアは「大谷以外、ローテーションで頼れる選手があまりいない」とし、「さらに質の高い投手と、このチームからベストを引き出すことのできる監督を加えることが、正しい方向への2つのステップとなるだろう」と伝え、改善すべき点を挙げている。