プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平所属のエンゼルス、敗戦続きでシーズン100敗も現実味。米記者が見解「回避するには…」【海外の反応】

2022/08/26

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は25日(日本時間26日)、敵地タンバベイ・レイズ戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場を果たし、4打数1安打1打点の成績を残した。大谷は弾丸二塁打で見せ場を作ったが、守備の乱れもあってエンゼルスは6連敗。米メディア『ジ・アスレチック』のサム・ブラム記者は、惨状のエンゼルスを批判した。

 

 
 大谷は8回無死二塁で迎えた第4打席で、打球速度110.7マイル(約178キロ)という弾丸適時二塁打を放ち、この試合で両軍最速となる打球を記録した。大谷は7試合ぶりの打点をマークするなど活躍したが、守備のミスも目立ったエンゼルスは3-8の敗戦を喫している。
 

 
 ブラム記者は「エンゼルスはタンパベイでスイープされた。これで6連敗、最近10試合で9敗目。2試合連続の15三振であり、極めて醜い野球だ」と批判。続けて「エンゼルスは勝率5割より21試合も下回っている。シーズン100敗を回避するには、今後の試合で少なくとも11勝26敗にする必要がある」と語り、シーズン100敗もありえるとの見解を示している。