プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平の1試合2発含め…7本のソロ本塁打もエンゼルスは黒星。米記者も唖然「敗戦時の最多本塁打のクラブ記録を樹立」【海外の反応】

2022/08/05

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は4日(日本時間5日)、本拠地オークランド・アスレチックス戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場。同選手の1試合2発含めて、エンゼルスは7本のソロ本塁打を出すも、7-8で敗れている。これに米公式サイト『MLB.com』のレット・ボリンジャー記者は唖然とした。

 

 
 大谷は初回の第1打席でアスレチックスのブラックバーン投手からレフトスタンドへ飛び込む先制23号ソロ本塁打を放つと、7回の第4打席でも、この日2本目となる24号ソロ本塁打を放った。大谷だけでなく、カート・スズキやテイラー・ウォード、ジャレッド・ウォルシュなども続き、合計7本のソロ本塁打が飛び出したが、エンゼルスは1点差で敗れている。

 ボリンジャー記者は自身のツイッターに「エンゼルスは大谷翔平の2本を含む7本のソロホームランを放つも敗戦。敗戦時の最多本塁打のクラブ記録を樹立した」と綴り、メジャータイ記録を出しながらも敗れたエンゼルスに唖然としている。