プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、飛距離128メートルの先制21号ソロ! 米アナリストが興奮「またまたやってくれた!未来の連続MVPへ!」【海外の反応】

2022/07/27

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は26日(日本時間27日)、敵地カンザスシティ・ロイヤルズ戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場。この試合で先制の21号ソロホームランを放ち、米メディア『フォックススポーツ』のアナリストを務めるベン・バーランダー氏が興奮している。

 

 
 大谷は、0-0で迎えた3回の第2打席、ロイヤルズ先発アンヘル・セルパ投手がカウント2-1からの4球目、95マイル(約153キロ)フォーシームを捉えた。打球はバックスクリーンに飛び込む豪快な先制ソロ本塁打。飛距離は420フィート(約128メートル)で、今季21本目のアーチとなった。

 バーランダー氏は自身のツイッターに「大谷翔平がまたまたやってくれた!ホームラン21本目!未来の連続MVPへ!」と綴り、興奮気味に伝えている。

1 2