プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平は二塁打も…エンゼルスの完封負けに米記者「酷い試合だった」【海外の反応】

2022/07/26

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は25日(日本時間26日)、敵地カンザスシティ・ロイヤルズ戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場を果たし、4打数1安打だった。打線が沈黙したエンゼルスは0-7の完封負けを喫し、米メディア『ジ・アスレチック』のサム・ブラム記者は酷い試合だったと批判している。

 

 
 大谷は初回の第1打席でロイヤルズのグリンキー投手と対戦。この回は見逃し三振に倒れ、3回の第2打席は二塁打で出塁するが、後が続かず得点なし。5回の第3打席は一ゴロとなり、8回の第4打席は左飛で、この日は4打数1安打の成績に終わっている。

 ブラム記者は自身のツイッターに「酷い試合だった。トレード期限が来週に近づいているノア・シンダーガードは堅実なプレーをしていた。これでエンゼルスは40勝56敗となり、ロイヤルズと1ゲーム差になっている」と綴り、エンゼルスの出来を総括した。