プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、7回1失点10Kの好投で今季8勝目! 今日も雄叫びで締め括る「最後の打者だとわかっている時、彼はそのように句読点を打つ傾向がある」【海外の反応】

2022/07/07

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は6日(日本時間7日)、敵地マイアミ・マーリンズ戦で「3番・投手」として投打同時出場を果たし、7回1失点10奪三振の好投で今季8勝目を飾った。最後のマウンドで雄叫びをあげたことについて、米紙『オレンジカウンティ・レジスター』のジェフ・フレッシャー記者が解説している。

 

 
 初回に味方の失策などで1失点を喫したが、その後のピンチをくぐり抜けながら2回から7回までは無失点に抑えた。最後のイニングとなった7回には、ニック・フォーテスから空振り三振を奪った後、大谷は雄叫びをあげながらガッツポーズを見せている。

 その理由についてフレッシャー記者は「この日、大谷の雄叫びが聞こえてきた。彼は最後の打者だとわかっている時、そのように句読点を打つ傾向がある」と解説している。これまでに登板した試合でもお馴染みの光景となっており、大谷が雄叫びをあげながら試合を締め括ることは恒例となっているようだ。