プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、連続無失点ストップも自責点ゼロは継続! その後の勝ち越し2点適時打に米記者「自らを助けた!」【海外の反応】

2022/07/07

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は6日(日本時間7日)、敵地マイアミ・マーリンズ戦で「3番・投手」として投打同時出場。この試合で連続無失点記録は途切れたが、自ら勝ち越し2点適時打を放つ場面があった。これに米メディア『フォックススポーツ』のベン・バーランダー記者が反応している。

 

 
 投手・大谷はここまで21回2/3で連続無失点を継続していたが、味方の失策と二塁打により無死二、三塁のピンチを招くと、ギャレット・クーパーに右犠飛を打たれて失点し記録は途切れた。その後ピンチは続いたものの、続くヘスス・アギラを空振り三振、ガルシアを中飛に打ち取り、初回は1失点だけに抑えた。

 以降は奪三振ショーを披露して2回から7回まで無失点。5回2死満塁で迎えた第3打席では、左前へ勝ち越しの2点適時打を放って大谷が自らエンゼルスにリードをもたらした。バーランダー記者は「大谷翔平が自らを助けた!」と綴り、大谷の2点適時打に反応した。なお、7回まで自責点ゼロを継続している。