データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



青木宣親のロイヤルズ、ジャイアンツに王手をかけられる。|10月27日MLBクイックニュース

2014/10/27

text By

タグ: , , , , , ,



サンフランシスコでのワールドシリーズ第5戦はジャイアンツが勝って3勝2敗。世界一まであと1勝とした。
 
○サンフランシスコ・ジャイアンツ5-0●カンザスシティ・ロイヤルズ1-7
 
青木宣親は3試合連続でスタメンを外れた。
 
ロイヤルズの先発はシールズ、ジャイアンツはバムガーナー。初戦と同様にエース対決となった。
 
2回裏、一死二、三塁でジャイアンツはクロフォードの二ゴロの間に先制する。4回裏には、再びクロフォードのタイムリーで2-0とリードを広げた。
 
2点を失ったものの、その後シールズは追加点を許さず、打線の援護を待つ。
しかし、ロイヤルズ打線はバムガーナーの前に完全に沈黙。
 
すると8回裏にジャイアンツは一死一、二塁でペレスの2点タイムリー、続くクロフォードもタイムリーを打って5-0とロイヤルズを突き放した。クロフォードは3打点。
 
結局、ジャイアンツのバムガーナーは4安打完封勝利となった。
 
青木宣親は8回の守備からダイソンに代わって右翼の守備に入ったが打席は回ってこなかった。
 
青木に代わって起用されたダイソンはポストシーズン15打数2安打。ポストシーズン8連勝をした期間、青木は2番右翼で固定されていた。
 
王手をかけられた第6戦のオーダーが注目されるところだ。