プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】1番打者で出場の大谷翔平、マルチ安打で役割を果たす チームも連敗4でストップ

2022/05/22

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新ニュース(最新情報)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、本拠地で行われたオークランド・アスレチックス戦に「1番・指名打者(DH)」でスタメン出場。4打数2安打1得点で、チームの5-3での勝利に貢献した。

 

 
 心機一転、1番打者として結果を残す試合となった。
 
 大谷は初回先頭打者として打席に入ると、追い込まれてから97マイル(約156キロ)の直球に差し込まれ、三遊間への弱い当たり。しかしこれがシフトの穴をつき、三塁手への内野安打となった。3回裏の第2打席は2死無走者から一ゴロに倒れた。
 
 大谷は6回、先頭打者として打席に入ると、2球目を捉えて左前への鋭い安打で出塁。続くマイク・トラウト外野手が四球、アンソニー・レンドーン内野手が安打とチャンスを拡大すると、ブランドン・マーシュ外野手が押し出しの四球を選び、大谷が生還した。これで2-0とリードを広げた。大谷の第4打席は7回、5-0とリードを広げたあとの2死無走者で、ここは遊ゴロに終わった。
 

 この日の大谷は4打数2安打1得点で、打率.255、OPS.761(出塁率.313+長打率.448)となっている。
 
 試合はその後、エンゼルスのリリーフ陣がアスレチックスの反撃をしのぎ、5-3でエンゼルスが勝利した。続いた連敗を4で止め、再び首位のヒューストン・アストロズ追撃態勢に入っている。