プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】大谷翔平、驚愕の2打席連発! 10試合ぶり5号ソロ&メジャー初の6号グランドスラム、MLB通算100号本塁打に“王手”

2022/05/10

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新情報(最新ニュース)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は9日(日本時間10日)、本拠地で行われたタンパベイ・レイズ戦に「3番・指名打者(DH)」でスタメン出場。2本塁打を含む猛打賞、5打点を挙げる活躍で、チームを勝利に導いた。

 

 
驚愕の2打席連続弾で、完全復活を印象付けた。
 
 大谷の第3打席は、4点リードに変わった6回無死の場面。左腕ジャレン・ビークス投手が投じた初球、81.1マイル(約131キロ)のカッターを弾き返した。打球は左中間スタンドに飛び込み、10試合ぶりとなる第5号ソロホームラン。マイク・トラウト外野手との2者連続弾でリードを広げた。
 
 さらに、続く第4打席は、7回無死満塁の絶好機で右腕カルビン・フォーチャー投手と対戦。3ボール1ストライクからの5球目、88.4マイル(約142キロ)カッターを完璧にとらえた。2打席連続アーチは、メジャー初の満塁本塁打。MLB通算100号本塁打へあと「1」とした。
 
 大谷は、レイズ先発ジェフリー・スプリングス投手と2度対戦。初回の第1打席は右飛に倒れたが、1点ビハインドとなった3回1死一塁の場面では、打ち取られた当たりも中堅手が打球を見失い、ラッキーな中安。ジャレッド・ウォルシュ内野手の3ラン本塁打で逆転のホームを踏んだ。

この日の大谷は、4打数3安打5打点2本塁打の成績。打率.252、OPS.760(出塁率.315+長打率.445)となっている。
 
 試合は、エンゼルスが11-3で快勝。2連勝を飾った。