プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



鈴木誠也、全力疾走もあと一歩届かず。相手の好守備に米記者「これは全然簡単なプレーではなかった」【海外の反応】

2022/04/22

text By

photo

Getty Images



鈴木誠也メジャー最新情報

 シカゴ・カブスの鈴木誠也外野手は21日(日本時間22日)、本拠地ピッツバーグ・パイレーツ戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場。相手の好守備に阻まれて連続出塁記録は途切れたが、米メディア『マーキュリーニュース』のジャスティス・デロス・サントス記者は同選手のスプリントスピードに注目した。
 

 
 初回の第1打席は見逃し三振に喫したが、2回の第2打席は1死一、三塁から三ゴロに倒れるも、三塁走者が生還し1打点を挙げた。5回の第3打席と7回の第4打席は空振り三振に終わり、連続出塁記録は「12」でストップしている。

 そんな中、サントス記者は鈴木の第2打席のスプリントスピードに注目。その時の走る速度が秒速29.3フィート(約8.9メートル)だったとして「ケブライアン・ヘイズは良いディフェンスをしたが、これは全然簡単なプレーではなかった」と、自身のツイッターに綴っている。