プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】鈴木誠也、OPSリーグトップに浮上! 優れた選球眼で3四球、カブスは接戦落とし敗戦

2022/04/20

text By

photo

Getty Images



鈴木誠也 最新ニュース(最新情報)

 シカゴ・カブスの鈴木誠也外野手は19日(日本時間20日)、本拠地で行われたタンパベイ・レイズ戦に「2番・右翼」でスタメン出場。優れた選球眼で3四球を選び、開幕から11試合連続出塁を記録したが。チームは接戦の末に敗れている。

 

 
 鈴木は初回1死の第1打席で、レイズ先発マット・ウィスラー投手に対し、フルカウントから四球で出塁。第2打席は二ゴロに倒れたが、5回2死の第3打席でも、左腕ジョシュ・フレミング投手に7球投げさせた末、四球で歩いた。
 
 さらに、2点リードに迫った7回2死三塁で迎えた第4打席では、変則右腕のライアン・トンプソン投手との対戦。1ボール2ストライクと追い込まれたが、1球ファウルを挟んで3球連続ボールを見極め、四球でチャンスを拡大。その後、ワイルドピッチで1点差に迫った。

 この日の鈴木は、1打数無安打3四球の成績。打率.414、OPS1.478(出塁率.581+長打率.897)とし、試合終了時点でナ・リーグトップに立っている。
 
 なお、カブスは5-6で惜敗。連勝は2で止まった。