プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



ダルビッシュ有、6回無安打投球も…元阪神スアレスが3四死球で逆転サヨナラ招く

2022/04/08

text By

photo

Getty Images



ダルビッシュ有 最新ニュース(最新情報)

 サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手が7日(日本時間8日)、敵地でのアリゾナ・ダイヤモンドバックスとの今季開幕戦に先発登板。6回無安打無失点の圧巻の投球を見せたが、チームは逆転サヨナラ負けを喫し、今季初勝利とはならなかった。

 

 

 開幕投手ダルビッシュの立ち上がりは初回、ドールトン・バーショ、ケテル・マーテイをテンポよく打ち取り7球で2死まで漕ぎつけるも、デービッド・ペタルタに四球を与え走者を背負って4番・クリスチャン・ウォーカーを迎える。ウォーカーに対しての3球目、88.6マイル(約142キロ)のカットボールを捉えられたが、右翼手ウィル・マイヤーズが上手く処理して初回を無失点に切り抜けた。
 
 2回以降はまったく危なげない投球。3回、4回に1点ずつリードを得ても、打たせて取る投球で淡々とアウトを重ねていき、ダイヤモンドバックス打線を6回まで無安打に抑え込んだ。
 
 7回からは2番手ティム・ヒルにマウンドを託し、勝ち投手の権利を持ったまま降板。3番手には元阪神のピアース・ジョンソンが登場し、無失点リレーで7、8回を「0」に抑えた。
 
 そして2点差で迎えた9回裏、元阪神のロベルト・スアレスが4番手で登場。しかし先頭のウォーカーに四球を与えると、制球が定まらず続くパビン・スミスにも四球。さらにカーソン・ケリーには死球を与え無死満塁のピンチを招いた。

 ここでたまらずベンチが動き、スアレスに代わってクレイグ・スタメンが火消しを託されマウンドに上がったが、ワイルドピッチで1点を与える。そして、セス・ビアーに投じた2球目を捉えられ、逆転サヨナラ3ランを被弾。ダルビッシュの虚しく、パドレスは痛恨の逆転負けで初戦を落とした。
 
 この日のダルビッシュは、6回(92球)を投げて、被安打0、与四球4、奪三振3、無失点。圧巻の投球をみせたが、勝ち星は次回以降にお預けとなった。