プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】大谷翔平、1安打も左腕に3打席連続三振 エンゼルスはサヨナラ勝ちで2連勝

2022/04/13

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新ニュース(最新情報)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地で行われたマイアミ・マーリンズとのインターリーグ(交流戦)に「1番・指名打者(DH)」でスタメン出場。1安打を放つも、3打席連続三振を喫するなど苦しんだ。チームはサヨナラ勝ちを収めている。

 

 
 大谷は、マーリンズ先発ヘスス・ルザード投手と2度対戦したが、決め球のカーブに翻弄され、1打席目は空三振、2打席目は見三振。さらに、左腕タナ―・スコット投手と対峙した打席目も、変化球にタイミングが合わず3打席連続三振に倒れた。
 
 8回の先頭打者として迎えた4打席目には、右腕コール・サルサ―投手が投じた初球のチェンジアップをとらえ、ライトへクリーンヒット。3番アンソニー・レンドーン内野手の打席で果敢に二盗を仕掛けたが、惜しくも失敗となった。
 
 この日の大谷は、4打数1安打の成績。打率.160、OPS.360(出塁率.160+長打率.200)となっている。

 先制を許したエンゼルスだったが、4回にジャック・メイフィールド内野手の適時三塁打で追いつくと、6回にはレンドーンの復帰後初本塁打となる2ランで、勝ち越しに成功した。直後に追いつかれたが、9回に相手守備のミスにつけこみ得点。4-3でサヨナラ勝利のエンゼルスが、2連勝を飾った。