プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】大谷翔平、今季2度目の二刀流も精彩欠き2敗目 4回途中KO、エンゼルスは大敗

2022/04/15

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新ニュース(最新情報)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が14日(日本時間15日)、敵地でのテキサス・レンジャーズ戦に「1番・投手」で先発出場。4回途中6失点で降板し、チームは5-10で大敗した。

 

 
 投手・大谷は初回、右翼手ロハスのエラーなどで1死三塁のピンチを招いたが、2つの三振と内野ゴロでアウトを奪い、無失点の立ち上がりを見せる。しかし2回、連打と四球で1死満塁とすると、続くハイムに痛恨の満塁弾を浴びた。トラウトの本塁打などで2点リードしていたが、このグランドスラムよって逆転を許す。
 
 3回は三者凡退に抑えた大谷。しかし4回、W. カルフーンとハイムの連打でもう1点を失う。その後2死としたが、強打者シーガーを迎えたところで走者を残したまま降板した。代わった2番手モランはシーガーに一発を浴び、大谷の責任走者が還っている。
 
 この日の投手成績は、3回2/3(70球)を投げて、被安打6、奪三振5、与四球2、失点6だった。

 打者・大谷は、第1打席で低めのボールを悉くストライクにされ見三振。この判定には首を傾げる場面もあった。第2打席で四球を選ぶと、第3打席は右翼へ鋭い当たりを飛ばしたが、右翼手K. カルフーンの好守に阻まれた。第4打席は見三振。第5打席では右翼への二塁打を放ち一矢報いたが、反撃は及ばなかった。
 
 これで投手として2敗目(0勝)を喫し、防御率は7.56に。早くも昨季の負け数に並んだ。打率も.172と本来の姿からはほど遠いものとなっている。