データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



今季35本塁打のシーガーが電撃引退! ロックアウト中に発表「人生の次の章に向けて…」【海外の反応】

2021/12/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 シアトル・マリナーズからFA(フリーエージェント)になった34歳のカイル・シーガーが現役引退を表明した。ジュリー夫人のツイッターを通じて声明文を発表している。
 

 
 シーガーは2009年のドラフト3巡目でマリナーズから指名されて入団した。レギュラーに定着した2012年には20本塁打を記録し、翌年の2013年には160試合に出場して22本塁打をマーク。今季は159試合で打率.212、35本塁打、101打点、OPS.723(出塁率.321 + 長打率.438)という自己最多の成績を残した。今後の去就が注目されていたが、今季限りでの現役引退を表明している。

 ジュリー夫人のツイッターを通じ、シーガーは「本日、僕はメジャーリーグからの引退を発表します。僕のキャリアをずっと見守ってくれた家族、友人、ファンの皆さんに感謝します。素晴らしい旅でしたが、人生の次の章に向けて信じられないほど興奮しています」と綴った。






  • 記者募集