データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



履正社、初Vに向け今夏大きく変化。岡田監督は新スタイルに手応え「作戦に幅が出てきた」【全国高校野球】

第101回全国高校野球選手権大会は17日、第11日第1試合で履正社(大阪)が高岡商(富山)を9-4で破り、準々決勝進出を決めた。3年連続夏出場の強豪相手に、履正社は今夏の新たなスタイルで打ち勝った。

2019/08/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



送りバントが減った

 履正社らしくない。
 いや、指揮官の岡田龍生監督らしくないと言ったほうがいいのかもしれない。
 
 履正社が3年連続出場の高岡商を9−4で破ってベスト8進出を決めた。14安打の圧倒的な打棒を見せて9得点を挙げ、試合巧者の高岡商を退けた3回戦は完勝といってよかった。
 
 今大会に入ってからの履正社の戦いぶりには少し驚かされている。
 なぜなら、指揮官の岡田監督が以前までとは異なった采配を振るっているからだ。
 
 何よりの変化は、走者を出してからのお決まりの送りバントが減ったことだ。
 
「僕が2番に入ってからかもしれないですが、必ず、送りバントのサインというのは少なくなりました。どうやって次に繋げるかを考えて打席に入っています」。
 
 そう語ったのはこの日、2番に入った池田凛だった
 池田は3打数2安打3得点と活躍。先制した3回表は先頭打者として二塁打を放ってチャンスメイク。3打席目は1死一塁から左翼前安打を放って、好機を拡大している。この日の勝利の立役者といってもいい。
 
 昨夏、2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭と大阪では並び称される履正社だが、そのスタイルは一線を画してきた。「バントと守備と走塁」が基本線のスタイルで、大阪桐蔭だけでなく、往年のPL学園や上宮と比較しても、大阪代表の中では異なったスタイルを確立していた。

1 2 3