データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大阪桐蔭・藤原、1年前の雪辱期すU-18の舞台。「全てを変えた」木製バット対応へ大きな決断

 激闘が繰り広げられた甲子園から1週間。ともに戦った選手たちは、今度は同じ日本代表のユニホームに袖を通し、「第12回BFA U18アジア選手権」(9月3日開幕・宮崎県)の頂を目指す。中でも、春夏連覇を達成した大阪桐蔭の藤原恭大外野手は、昨年味わった悔しさを晴らすための大きな決断を下していた。

2018/08/27

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , ,



痛感したパワーと技術の無さ「引っ張ることができなかった」

 
 U18高校日本代表の直前合宿がスタートした。
 
 春夏連覇を果たした大阪桐蔭から5人のメンバーが選出されたほか、準優勝した金足農のエース・吉田輝星など甲子園を沸かせた選手たちが一堂に会して日の丸を背負う。大学日本代表との壮行試合のチケットが完売するなど、U18日本代表への関心は日に日に高まっている。甲子園で活躍を見せた選手たちがどういったプレーを見せてくれるのか、楽しみだ。
 
 そんなメンバーの中で、昨年に引き続いて侍JAPANメンバー入りを果たしている選手が二人いる。
 
 主に遊撃手を務める小園海斗(報徳学園)とこの夏の甲子園で3本塁打をマークした藤原恭大(大阪桐蔭)だ。二人は昨年9月、カナダのサンダーベイで開催されたU18ワールドカップに高校生2年生ながら出場している。
 
 経験者の彼らには大きな期待がかかるのは間違いないが、代表に入ることの意味は様々ある。
 
 日本を代表する選手たちと寝食を共にし、また、日ごろは対戦することのない海外のチームと腕を試しあう機会は、多大な経験を得られるととともに、新たなマインドを植え付けてくれたりもする。試合での使用バットが木製であることも大きな意義があるといえよう。
 
 昨年のオフシーズンに入った頃、藤原が面白いことを言っていた。
 それは代表で戦うことで知った己の現在地についてだった。
 
「パワーと技術の無さを知りました。木製バットで日ごろから練習をしたりもしていたんですけど、試合で使用するのとでは全然違いました。引っ張ることができなかったんです」 
 
 藤原は昨年のU18ワールドカップでは36打数12安打、打率333とチーム2位の成績を残している。結果を残せていないわけではない藤原が、いつもとは勝手が違うバッティングだったと語ったことは非常に興味深かかった。

1 2