データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大阪桐蔭“クローザー”柿木蓮、今大会最速151キロで放つ強烈な存在感。数字が示した勝利へのこだわり【全国高校野球】

 史上初2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)。18日の浦和学院(南埼玉)との準々決勝は4本塁打と強力打線が火を噴き、11-2で準決勝進出を決めた。藤原恭大、根尾昂とタレントぞろいのチームにおいて、背番号1を背負う柿木蓮が“クローザー”として存在感を放っている。

2018/08/19

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , ,



2回戦からクローザーに徹する柿木蓮

 最後に投じたのはこの日、最速となる150キロのストレートだった。
  
「彼の気持ちが分かったので、三振を取るためのストレートを要求しました」
 
 試合後にそう語ったのは大阪桐蔭の捕手・小泉航平だった。
 
 11-2のリードで迎えた9回2死の場面で、マウンド上の柿木蓮は力一杯のストレートを投げ込んだ。三振こそ奪えなかったものの、打ち返されたストレートは力なく左翼手の宮崎仁斗のグラブに収まった。
 
 「気持ちを強く持って、相手に流れを渡さない気持ちでいました。試合終了の瞬間をマウンドで迎えるのと、ベンチにいるのとでは全然違います」
 
 そう語る柿木は2回戦からすべてのゲームでクローズする役割に徹している。
 
 ただでさえ勢いのあるストレートは、その役割を任せるとさらに勢いを増す。そんな印象だ。
 
 「気持ちの強い子ですので、最後を締める役割ができる要素を持った選手ではあります」
 
 西谷浩一監督がそう語るほど、今大会において柿木はプロ野球の「クローザー」に付するほどの活躍を見せている。
 
 高校野球の世界で役割分担をするということはあり得ないが、大阪桐蔭は「チームが勝つため」に役割分担を辞さないというのも事実なのだ。
 
 大阪桐蔭は改めて言うまでもなく“タレント集団”だ。
 
 しかし、それは能力の高い選手の“寄せ集め”という意味ではない。
 
 西谷浩一監督やスタッフが「ウチに合っている」と感じた選手が集まり、それぞれが能力を高めようと日々努力している。
 
 全国でもかなり限られるが、大阪桐蔭は「甲子園で勝つための集団」と「個人の能力を高めるための集団」を区分けしてチーム作りをしている。
 
 すべてトーナメント形式の高校野球の大会を勝ち抜くには「勝ち方」を熟知していなければならない。一方、戦略重視になっても個の力が高いレベルにないと相手を上回ることはできない。

1 2