プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



神宮に集うエース達…神宮大会、注目大学生投手5人(5)全国クラスの1年生右腕

2022/11/17

text By

photo

産経新聞社、川浪康太郎



明治神宮大会最新情報

 18日に開幕する第53回明治神宮野球大会。大学の部にとっては現チームの集大成を見せる場、高校の部にとっては来春選抜の前哨戦ともいえる舞台で、アマチュア野球シーズンを締めくくる一大イベントだ。今回は、大会に出場する大学生投手の注目選手を紹介する。

 

 

稲川竜汰(九州共立大1年)

 大学1年目から実績を積んでいる最速148キロ右腕。高校時代の怪我を乗り越え、成長を続けている。
 
 折尾愛真高から九州共立大に進学し、大学では1年春から先発を任される。春秋計8勝を挙げ、防御率1.11とルーキー離れした好成績を残した。全日本大学野球選手権では1回戦の東北福祉大戦で先発を任され、9回4安打、11奪三振完封勝利。すでに全国の舞台でも実力を証明済みだ。
 

 
 4年ぶりの出場となる九州共立大は稲川をはじめとした投手陣だけでなく、梁瀬慶次郎内野手、村上裕一郎内野手(ともに3年)らを擁する打線も強力。大舞台での躍進が楽しみだ。