プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



12年ぶり選抜出場が「当確」!佐藤洋監督のもと生まれ変わった東北の新チームをチェック

2022/10/24

text By

photo

川浪康太郎



高校野球最新情報

 宮城県内で仙台育英と双璧をなす強豪・東北。OBで元巨人の佐藤洋新監督を迎えた今秋は、宮城県大会で仙台育英を破り優勝すると、東北大会も準優勝し12年ぶりの選抜出場を「当確」とした。来春、聖地で次なる“東北旋風”を巻き起こすことはできるか。その可能性を秘める新チームを紹介する。

 

 

豊富な投手陣支える左右の柱


成長著しい高身長右腕・ハッブス大起。【撮影:川浪康太郎】
 
 優勝した今秋の県大会は6試合でわずか2失点。東北大会も仙台育英との決勝を除けば3試合全てで2失点以下と、投手力の高さが際立つ。
 
 エースナンバーを背負うのは、身長188センチの右腕・ハッブス大起投手(2年)。角度のある最速145キロの直球が武器で、1年次からプロの注目を集めている。県大会では決勝で仙台育英打線相手に6回無失点と好投するなど、安定した投球を披露。東北大会は先発、中継ぎで全4試合に登板し、聖光学院との準決勝では6回1失点の好救援を見せ決勝進出をたぐり寄せた。変化球の精度も増しており、まだまだ伸び代のある投手だ。
 

 
 左では秋本羚冴投手(2年)の存在感が光る。この秋は県大会の6試合、東北大会の4試合、全ての試合でマウンドに上がり、計30回3分の1を投げ防御率0.00。抜群の安定感を誇った。ストレートの球速は130キロ前後だが、2種類のスライダーをはじめとした変化球を駆使し打者を翻弄する。相手に流れが傾きかけた場面で救援登板し、試合を立て直すことができるのも強みだ。東北大会でそれぞれ1試合ずつ先発登板した根岸聖也投手(2年)、進藤愛輝投手(1年)の成長にも期待がかかる。

1 2 3