データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【9月3日東京ヤクルト対広島戦、BBC独自採点】西浦、黒田から2本の適時打で東京ヤクルトが意地

9月3日東京ヤクルト対広島戦は3-1で東京ヤクルトが勝利した。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/09/04

text By

タグ: , , , , ,



jingu2016

デイビーズ7回1失点の好投

 東京ヤクルトスワローズが3-1で広島東洋カープに競り勝った。

 試合は、1回表、広島が2死1塁から4番・松山竜平の右中間を破る適時二塁打で1点を先制する。しかし、ヤクルトは3回裏に、1死満塁から5番・鵜久森淳志の併殺崩れで同点とすると、続く・西浦直亨の右翼前適時打で勝ち越した。さらに5回裏には、2死1、2塁からまたも西浦に適時打が出て2点をリードした。
 
 ヤクルトは、投げては先発のデイビーズが7回1失点の好投。ルーキ、秋吉亮とつないで、勝ちきった。

 採点は以下の通り。

採点基準
8  シーズンに1試合あるかないかの活躍
7.5 突き抜けた活躍
7  勝利貢献度上
6.5 勝利貢献度中
6  勝利貢献度小
5.5 活躍した選手
5  可もなく不可もない
4.5 足を引っ張った
4  敗戦につながるミス
3.5 退場など試合を壊す

さらに現地取材の内容を加味します。

【次ページ】<広島東洋カープ>

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@