データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




日本ハム、今年の契約更改は暖冬傾向。経営サイドにとっては悩みの種!?【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#19】

オフシーズン、ファンの注目といれば選手の移籍や退団、加入などの人事の話と契約更改ではないだろうか。

2015/12/27

text By

タグ: , , ,



大谷バッティング(ロゴ入り)jpg

契約更改ではファンも一喜一憂

「大谷の年俸が2億円、生活費が月1万円」「大谷のメジャー相場、244億円」「年俸倍増1億7000万の阪神・藤浪、大谷2億円にすごいと脱帽」
 オフはお金関係の記事がどうしても中心になるのだ。
 プロ野球ファンには面白い習性があって、自分の懐とまったく関係ないのに選手の(推定)年俸の記事が大好きだ。

 もう契約更改の時期になるとスポーツ紙を欠かさずチェックする。揉めて越年したりすると「どうするんだよ、まったく」と関係ないのに大騒ぎする。
 プロ野球の生々しいリアリティーなのだ。

 勝ち星や打率と(推定)年俸の数字をまるで貸借対照表か何かのように照らし合わせる。新シーズン、選手名鑑が発売になると持ち歩いて(推定)年俸を暗記したりする。あれだなぁ、インセンティブが出来てからは契約が複雑になって、ちょっとつまらなくなったなぁ。数字の生々しさが物足りない。

 ファイターズは「2位独走」の安定したシーズンを過ごしたから、契約更改も概ね暖冬傾向であったようだ。
 もっとも主力野手では中田翔が提示された金額に失望しかけて、インセンティブで気を取り直しサイン、また陽岱鋼は低評価に驚き、いったん保留し、後日やはり気を取り直してサインしている。

 こういう場合、ファンは「庶民感情」そのものという感じの反応をする。
 基本的には働く者の味方なのだ。

 頑張ったんだから上げてやれよ。球団側と選手側なら選手のほうに立つ。もっとも選手が「お金に汚い」印象を発するとあっという間にソッポを向く。欲をかかず、「数字を見ないで一発更改」みたいなタイプが好まれるのだ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@