データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




故障者が出てもチーム力は落ちず。明石、福田らの活躍で示したホークス選手層の厚さ

日本一連覇を達成したソフトバンク。主軸につないだ脇役の活躍は見逃せない。

2015/10/31

text By

タグ: , , , , ,



PIC0001D7

1年間安定した成績を収めた明石

 日本一連覇を達成したソフトバンク。日本シリーズでも投打が噛み合い、圧倒的な強さを見せつけた。4番でキャプテンの内川聖一を欠いての勝利。「熱男」たちがチーム一丸となり、工藤ホークスが頂点に立った。3試合でスタメンマスクをかぶった髙谷裕亮、古巣との対戦で少ない出番ながら存在感を示した川島慶三ら、これまでレギュラー陣を支えてきた選手たちの活躍も目立ったシリーズとなった。

 日本シリーズで5試合すべてに出場し、MVPを獲得した李大浩に続く打率をマークしたのが明石健志。ダイエー最終年に入団したプロ12年目の職人は、同僚やOBから「天才」と表現されることが度々ある。走攻守において、高いレベルのプレーを飄々とやってのける。今季はその実力が存分に発揮されたシーズンだった。

「楽しいシーズンにしたいです。とにかく試合に出て楽しみたい」

 開幕前にそう話していた明石。笑みを含んだ表情で言葉少なに語り、掴みどころがないというのが印象だ。

 しかし、「試合に出たい」というのは本音。
 センスの良さが光るユーティリティープレーヤーはウズウズしていたのだ。今季は3年ぶりに100試合以上に出場し、打率.263、出塁率.330をマーク。一塁と二塁の守備では勝利を引き寄せる好プレーでチームに大きく貢献した。115試合で失策は1。軽快なグラブさばきとポジショニングで何度もピンチを救ってきた。

 日本シリーズでもその存在感を示してみせた。
 5試合とも2番二塁手でスタメン出場。試合に負けはしたものの、第3戦でのバックスクリーンへ飛び込むソロホームランは見事な一振りだった。打率.438、3個の盗塁を成功させ、6個の四球は柳田悠岐を上回る。自身最高の結果を収め二連覇に貢献した。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@