データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




QS率向上、リーグワーストだった援護率も改善。千葉ロッテ・涌井、最多勝獲得の要因

千葉ロッテの涌井秀章が10月6日のシーズン最終戦で10回を投げ抜き15勝に到達。自身6年ぶり3度目となる最多勝の栄冠を手にした。

2015/10/07

text By

タグ: , , , , ,



BY6V2474

ロッテでは、ジョニー以来の最多勝

 10月6日のロッテ対楽天戦をもって今季のパリーグの公式戦全日程が終了。
 最終戦で延長10回、137球を投げ切り、15勝目をあげた涌井秀章が大谷翔平と並び自身が「先発投手の栄冠」と語る最多勝のタイトルを手にした。

 ロッテで最多勝投手に輝いたのは、気迫のこもった投球でファンを魅了し、エースとして君臨したジョニーこと黒木知宏(98年:13勝9敗)以来となる。

 涌井にとって、まさに気迫で掴み取った白星と言えるだろう。

 クライマックスシリーズファーストステージ第1戦での先発登板を回避して、この日のコボスタ宮城での最終戦登板を直訴した涌井。1-1の同点で迎えた6回裏にウィーラー、フェルナンドにタイムリーを許すも、7回表に味方が2点を取り同点に。

 本人の続投志願に伊東監督も「勝ち越せば交代」と腹を括った。

 チームメイト、首脳陣、そして仙台のロッテファンの励ましの声に、7回以降は一人の走者も出さない完璧なピッチングで応えた涌井。延長11回表、ようやくロッテ打線が大量6点の勝ち越し点をもぎ取ったところで降板、バトンを託された内がその裏を三者凡退に切って取りゲームセット。10回、137球、被安打6、3奪三振1四球3失点の力投、4時間を超える熱戦の末に自身3度目となる最多勝を掴み取った。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@