データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




サンドバル&ラミレス 大物FAダブルで獲得もレッドソックスの復活への道のりはなお険しい? 【豊浦彰太郎のMLB on the Web】

地区最下位に転落した前年世界一のレッドソックスは、世界一に輝いたジャイアンツの主砲のサンドバルと、ドジャースのラミレスという二人の大物選手をFAで一気に獲得した。しかし、それでも来季の浮上に向けては課題が山積みだ。特に先発投手陣のテコ入れは急務だ。

2014/11/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



Tampa Bay Rays v Boston Red Sox

二人の目玉野手獲得に対して、懐疑的な意見も

 ストーブリーグでレッドソックスが極めてアグレッシブだ。

 このオフ野手のFAの目玉だったパブロ・サンドバル三塁手(ジャイアンツからFA)とハンリー・ラミレス遊撃手(ドジャースからFA)を、ともに獲得することとなったのだ。

 契約条件は、サンドバルが5年総額9500万ドル(約109億2500万円)で、ラミレスが4年総額8800万ドル(約101億2000万円)だ。

 2013年に前年の最下位から一気に世界一に登りつめたレッドソックスも、今季は再び最下位に低迷した。

 これらの大補強で、この浮沈の激しい球団の来季復活への期待が高まっているが、それでも課題はまだ多いと指摘する意見もある。
『ESPN』のデビッド・ショーンフィールド記者はこう見ている。

I’m a little more skeptical on how all this plays out for the Red Sox.
今回の補強がどれだけ強化につながるか、私は懐疑的だ。

If Ramirez moves to left field, isn’t it possible his defense will be just as bad there as at shortstop? And Sandoval, while a nice player, has made his name more in the postseason than the regular season.
もし、ラミレスがレフトにコンバートされるなら、彼の守備は遊撃手時代よりもっとひどくなるのではないか。そして、サンドバルは好選手だが、彼の名声は公式戦よりもポストシーズンで確立されたものだ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@