データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】ハンバーガーリーグから脱却? フィリーズ、約1億円の投資でマイナーチームの食環境改善へ

マイナーリーグは通称ハンバーガーリーグ。そしてメジャーリーグはステーキリーグとその食生活の格差が野球界の伝統となっていた。フィラデルフィア・フィリーズの「食」に対する新たな取り組みにより、新たな文化が生まれるか。

2016/05/08

text By

タグ: , , ,



Baltimore Orioles v Toronto Blue Jays

野球以外で悩みを抱えてほしくない

 マイナーリーガーは遠征時の宿泊先では、近くのマクドナルドやバーガーキングのファーストフードで食事を済ませてしまうことも少なくない。

 フィラデルフィア・フィリーズ傘下のシングルAレイクウッド・ブルークローズはメリーランド州のヘイガーズタウンへシーズン3度訪れる遠征での選手の食生活は主にそうだった。

 しかし今シーズンから長距離バスを降りて、格安ホテルにチェックインした後の光景は変わった。ホテルのロビーにサーモンと温野菜などがケータリングで運ばれるようになったのだ。
 フィリーズは約1億70万円を投資して、マイナーリーグの選手・職員の食環境の改善に着手したのだ。

 フィリーズは各傘下にトレーニングコーチを雇用している。今回の取り組みは、選手育成に栄養バランスは欠かせない一部であるという考えを具現化したものだ。これまでも正しい食生活とアスリートのパフォーマンス向上の関連は存在しており、何も新しい考えではない。

 ネッド・ライスアシスタントGMは「食」に対する取り組みの趣旨を語っている。

“We want them to not have to worry about anything other than baseball, When they’re playing for the Phillies, they’ll have that stuff taken care of for them.”
「野球以外のことでできるだけ悩みを抱えてほしくない。フィリーズのためにプレーしてくれている間は、そういったことは我々が面倒を見る」

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@