データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【速報・3回】3度のビデオ判定が行われた3回。両チームとも無得点が続く

2017/03/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



 米国代表は先頭のポージーが菅野のカットボールを捉え左安打。米国にチーム初安打を放たれるも、8番・スタントンを注文通りの三ゴロ併殺打に打ち取り二死。と思われたが、米国は二塁に入った菊池の足が離れていたとアピール。
 
 ビデオ判定の結果、二塁はセーフとなり、1死二塁となった。日本の球界ではアウトとなるようなプレーでも、アメリカの地ではアウトとならないのだ。しかし、菅野は9番・クロフォードを二ゴロ、1番・キンズラーも三ゴロに抑え、無失点で初のピンチをしのいだ。
 
 侍ジャパンの攻撃は8番・秋山がロアークのツーシームを捉えるも投直。しかし、9番・小林が左安打を放ち、WBCで5試合連続安打を記録。今大会での調子の良さを米国の地でも見せつけた。続く1番・山田は遊ゴロに打ち取られ、二塁で一塁走者が封殺。
 
 しかし、小久保監督は二塁に入ったキンズラーの足が離れていたのではないかとビデオ判定を要求。しかし、ビデオ判定の結果もアウトとなり、2死一塁とする。続く2番・菊池の打席では一塁走者の山田が盗塁を試み、盗塁成功。こちらのプレーもビデオ判定となるが、判定通りセーフ。チャンスを作るも、2番・菊池が三ゴロに打ち取られ、両チーム0対0で前半戦を終了した。
  
侍ジャパン 0-0 米国
 
投手リレー
【侍ジャパン】
菅野 38球
【米国】
ロアーク 33球
 
本塁打
【侍ジャパン】
【米国】
 
バッテリー
【侍ジャパン】
菅野 – 小林
【米国】
ロアーク – ポージー

スポンサードリンク