データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍J、カブスとの練習試合で敗戦。投手陣は精彩欠くも、野手陣は明日以降に繋がる粘り見せる

2017/03/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 侍ジャパンは18日(日本時間19日)、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝ラウンドに向けた練習試合を、昨季ワールドシリーズチャンピオンのシカゴ・カブスとスローン・パークで行い、6-4で侍ジャパンが敗戦を喫した。
 
 カブス先発は昨季11勝のラッキー、侍J先発は藤浪で始まった試合は、初回から動いた。
 
 1回表、2番菊池が左翼スタンドに本塁打を放ち1点を先制。
 しかし、1回裏には、この日1番で先発出場の川崎に内野安打を浴びると、盗塁と2人連続の一ゴロで1点を返され、同点に追いつかれる。
 
 3回裏には、先頭の川崎に四球で出塁を許し、その後盗塁と連打が絡み2点の勝ち越しを許してしまった。5回にも、2番手の増井が犠飛と適時打で2点を奪われ、4点差となる。
 
 また、カブスは6回にもスタータメンバー外のマイナーリーグ所属選手の伏兵に1発が飛び出し、5点差に開いてしまった。
 
 一方、侍打線はラッキーの前に沈黙。5回まで61球で3安打、1四球と非常に球数を少なく抑えられ、淡白な攻撃が目立ってしまった。
その後のデービスにも無失点に抑えられたが、8回表に3番手・ストロップを攻めた。
 
 8番平田、9番小林、1番田中の連打で無死満塁とチャンスを作り、2番菊池の二ゴロ、3番秋山の一ゴロの間に2点を奪う。そして、代打・坂本が右前に適時打を放ち1点を返し、2点差とした。
 
 しかし、9回はフローロの前に再び打線が沈黙、ゲームセットとなった。
 
 宮西、則本以外の3人の投手が失点を喫し、実力を発揮できなかった。
 カブス投手陣は一戦級の選手が出場したが、野手陣は主力選手をあまり多く出場させておらず、その中で失点を喫した投手陣に課題が残った。
 
 また、打撃陣も先発・ラッキーのように打たせて取る投球を持ち味とする投手への課題も残った。決勝ラウンドでは球数制限も増加し、好投手が多くのイニングを投げてくることが予想されるため、苦手とするタイプの投手の攻略法を考案することが求められるだろう。
 
 19日(日本時間20日)は、侍ジャパンは前田健太投手の所属するロサンゼルス・ドジャースと強化試合を行う予定だ。
 
カブス 6-4 侍ジャパン
 
投手リレー
【侍ジャパン】
藤浪 91球
増井 23球
松井 14球
宮西 17球
則本 14球
 
【カブス】
ラッキー 49球
デービス 14球
ストロップ 30球
フローロ 16球
 
本塁打
【侍ジャパン】
菊池(1回ソロ)
【カブス】
ボルト(6回ソロ)
 
バッテリー
【侍ジャパン】
藤浪、増井、松井、宮西、則本-大野、小林
【カブス】
ラッキー、デービス、ストロップ、フローロ-モンテロ、デイビス