データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報・2回】菅野、2ラン被弾で逆転許す…。打線は三者凡退で1点ビハインドの展開に

2017/03/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 初回を完璧に抑えた菅野だったが、2回は甘い球をキューバ打線に捉えられてしまう。4番デスパイネに遊撃強襲の内野安打を浴びると、5番グラシアルにスライダーを左中間スタンドに運ばれ2点を失い逆転を許す。6番サーベドラは空振り三振に仕留めるが、7番アラルコンにあわやフェンス越えの二塁打を浴びる。しかし、8番デルガドは二ゴロ、9番メサを空振り三振と後続を抑えピンチを凌いだ。
 
 反撃を見せたい侍打線だったが、2回は相手先発バノスの術中にはまってしまった。7番松田は初球から仕掛けるも三ゴロ、8番秋山は二ゴロ、9番小林は投ゴロと三人連続で内野ゴロに打ち取られ、三者凡退に終わった。
 
侍ジャパン 1-2 キューバ
 
投手リレー
【侍ジャパン】
菅野 36球
【キューバ】
バノス 37球
 
本塁打
【侍ジャパン】
山田(1回ソロ)
【キューバ】
グラシアル(2回ツーラン)
 
バッテリー
【侍ジャパン】
菅野-小林
【キューバ】
バノス-アラルコン