データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:梅野雄吾

13連敗中のヤクルト、リリーフ陣の苦しい台所事情 連敗が明けても登板過多続くか

2019/05/30

 東京ヤクルトスワローズが29日、本拠地で行われた広島東洋カープ戦に3-5で敗れた。ヤクルトは14日の広島戦から続く連敗が「13」となり、球団ワースト記録でまであと「3」にせまっている。    ヤクルトが13連敗以上したのは1950年(14連敗)、1965年(13連敗)、1970年(16連敗、セ・リーグ記録)、2017年(14連敗)があり、今回で5度目。きょう以降さらに記録が伸びる可能性もあり、予断を許さない状況が続いている。    この13敗分を振り返ると、一試合あたりの平均得点は3.53点、平均失点は6.61点。勝てそうな試合はいくつもあったが、攻撃面よりも守りの部分で ... 続きを見る


ヤクルト、球団ワースト95敗 9回にルーキが痛恨の3ラン被弾など救援陣持ちこたえられず

2017/10/01

〇中日6-4ヤクルト●(1日・神宮球場)    序盤に奪ったリードを守り切れなかったヤクルトが球団創設年の1950年に記録した球団ワーストの94敗を上回るシーズン95敗を記録した。    この日の先発はヤクルトが高卒ドラ3ルーキー・梅野と中日・伊藤。ヤクルトは2日続けて高卒ルーキーが先発マウンドに立ったが、今日の梅野は中日相手に力投を見せた。    2回、ヤクルトは一死から中村が四球で出塁すると、藤井・廣岡・奥村の3連打で3点を先制。そして、先発の梅野も5回2失点と試合を作り降板。    1点リードと試合を優位に進めていたヤクルトだったが、救援陣が持ちこ ... 続きを見る


【本日の予告先発】ヤクルト・梅野対中日・伊藤 オリ・ディクソン対ソフトB・石川

2017/10/01

 日本野球機構は10月1日の試合に先発する投手を発表した。     ヤクルトのドラ3ルーキー梅野はプロ初勝利をかけての先発。伊藤も今季の初勝利を狙う。    オリックスのディクソンは4年連続となる9勝目を狙う。対するはリリーフ、先発ともに大丈夫なソフトバンクの石川だ。       1日の予告先発は以下の通り。   <セ・リーグ> 巨人・田口麗斗 - 阪神・岩田稔(東京ドーム 14:00) ヤクルト・梅野雄吾 - 中日・伊藤準規(神宮 18:00) DeNA ・J. ウィーランド - 広島・岡田明丈(横浜 14:00)   <パ・リーグ> 日本ハ ... 続きを見る


DeNA・ウィーランドが今季新加入助っ人最多の6勝目!9試合連続QSと安定感抜群

2017/08/09

〇DeNA7-2ヤクルト●(神宮球場)    投打のかみ合ったDeNAがヤクルトを降し、連敗を3で止めた。    DeNA・ウィーランド、ヤクルトが18歳のドラ3ルーキー・梅野の先発で試合はスタート。DeNA打線は、初登板のルーキーにプロの洗礼を浴びせた。    2回、DeNAは先頭のロペスが安打で出塁すると、一死から戸柱が右翼スタンドに本塁打を放ち2点を先制。その後も梶谷の四球・盗塁でチャンスを作ると、倉本が適時打を放ち3点目を加えた。    3回には桑原・筒香の四球・梅野の暴投で一死2・3塁のチャンスを作ると、ロペスの犠飛・この回2つ目となる梅野の暴 ... 続きを見る


【本日の予告先発】ロッテ・スタン、ソフトB・バンデンの元同僚対決、ヤクルトは18歳ルーキーがプロ初登板

2017/08/09

 日本野球機構は8月9日の試合に先発登板する投手を発表した。    ロッテVSソフトバンクでは、2015年にソフトバンクで共に先発としてローテーションを支えたスタンリッジとバンデンハークが対決。スタンリッジは直近2試合で2連勝、バンデンハークは自身初の2桁勝利に王手をかけているだけに、両者好投が期待される。    また、ヤクルトの18歳ドラ3ルーキー・梅野がプロ初登板初先発。梅野は福岡・九産大九産高出身で、2軍では11試合に登板し0勝2敗ながら防御率3.73という成績を残し、今季の高卒新人では楽天・藤平に次いで2番目、セ・リーグでは最速の1軍デビューとなった。   ... 続きを見る


ヤクルトでは由規以来の160キロも!? 新たな「ロケットボーイズ」誕生なるか。ドラ2・星に膨らむ夢【2017年ブレイク期待の選手】

2017/02/06

今シーズンの巻き返しに向け、投手陣の再建を目指す東京ヤクルトスワローズに加わった5人の新人投手。その中でも明大からドラフト2位で入団した星知弥には、これまでチームにほとんどいなかった速球派として、大きな期待がかかる。... 続きを見る


【ドラフト交差点】超高校級、4者4様の個性あふれる“九州BIG4”の進路選択。九州地区は今年も大豊作

2016/10/13

2016年度のドラフト会議が20日に迫っている。この1年を振り返ると、様々な選手たちがドラフト戦線に名乗りを上げた。各地区でしのぎを削り運命の日を迎える。そんなドラフト候補たちをリポートする。今回は”超高校級”と評された九州地区の4人だ。... 続きを見る