プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



タグ:敬遠

【打者部門】鈴木誠也は何位? 2022年MLBナ・リーグ打撃成績ランキング

2022/08/17 NEW

ナショナル・リーグでは、シカゴ・カブスの鈴木誠也外野手がメジャーデビュー年から活躍を見せている。鈴木は現在リーグ内でどの位置にいるのか。ここでは、各部門ランキング上位選手と鈴木の順位をまとめている。   今シーズンのメジャーリーグはABEMAプレミアムで! 公式戦324全試合を日本語実況解説のもと完全生中継!   OPS部門 1位:ゴールドシュミット(STL) 1.030 2位:ライリー(ATL) .924 3位:フリーマン(LAD) .921 -位:鈴木誠也(CHC) .727(規定未満)※48位相当 打率部門 1位:ゴールドシュミット(STL) .328 2位:フリーマ ... 続きを見る


【打者部門】大谷翔平は何位? 2022年MLBア・リーグ打撃成績ランキング

2022/08/17 NEW

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が今年も「二刀流」として活躍を続けている。打者・大谷は現在リーグ内でどの位置にいるのか。ここでは、各部門ランキング上位選手と大谷の順位をまとめている。   今シーズンのメジャーリーグはABEMAプレミアムで! 公式戦324全試合を日本語実況解説のもと完全生中継!   OPS部門 1位:ジャッジ(NYY) 1.061 2位:アルバレス(HOU) 1.016 3位:デバース(BOS) .933 8位:大谷翔平(LAA) .856 打率部門 1位:アラエス(MIN) .336 2位:グリエル(TOR) .309 3位:ヒメネス(CLE) .3 ... 続きを見る


【MLB】大谷翔平は早くも9敬遠も…史上最も勝負を避けられた打者はシーズン3桁敬遠!?

2022/07/28

メジャーリーグ最新情報(大谷翔平)  ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地カンザスシティ・ロイヤルズ戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場。5回には今季メジャートップとなる9個目の敬遠を記録するなど、勝負を避けられる場面が目立っている。   今シーズンのメジャーリーグはABEMAプレミアムで! 公式戦324全試合を日本語実況解説のもと完全生中継!    大谷は、昨季も主砲マイク・トラウトが不在だったこともあり、リーグトップの20敬遠と徹底的にマークされた。強打者としては避けては通れない道だが、歴史を遡れば、大谷以上にまともに勝負されな ... 続きを見る


大谷翔平の日米通算成績一覧 次の大記録まではあと何本?【打撃成績/投手成績】

2022/05/23

大谷翔平 最新情報 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が今年も「二刀流」として活躍を続けている。海を渡って4年目を迎える日本のスターは22日(日本時間23日)、日米通算150号を達成した。ここでは、各部門の日米通算成績と次の節目の数字までの本数をまとめている。   今シーズンのメジャーリーグはABEMAプレミアムで! 公式戦324全試合を日本語実況解説のもと完全生中継!   安打 NPB:296 MLB:414 日米通算:710   NEXT:1000安打まであと「290」 本塁打 NPB:48 MLB:102 日米通算:150   NEXT:200 ... 続きを見る


超一流選手なのに引き立て役? 記憶に残る「伝説の名場面」の相手役5選

2022/02/04

 プロ野球史に残るシーンというのは何度見ても良いものだ。中でも、何度もメディアで取り上げられる「伝説の名場面」は、ファンの脳裏にすっかり焼き付いていることだろう。そんな擦り切れるほど観た映像の中には、主役とともに必ず相手役が存在する。そんな相手役をここではクローズアップしたい。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   松坂大輔対片岡篤史 “平成の怪物”デビュー戦、衝撃の155キロ 1999年4月7日(東京ドーム) 日本ハム対西武 1回裏2死走者なし  当時を知らないファンにとっても、今オフは松坂の現役引退に際して、その映 ... 続きを見る


二刀流・大谷翔平は何位? 2021年MLBア・リーグ各部門のランキングトップ10は?<打者大谷編>

2021/10/18

OPS(出塁率+長打率)  OPSの10傑にはブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)を筆頭に、強打者たちが名を連ねたが、大谷は2位にランクインした。全体トップはブライス・ハーパー(フィリーズ)の1.044(出塁率.429+長打率615)。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   1位:ブラディミール・ゲレーロJr. (ブルージェイズ) OPS1.002(出塁率.401+長打率.601) 2位:大谷翔平(エンゼルス) OPS.965(出塁率.372+長打率.592) 3位:カイル・タッカー(アストロズ) OPS. ... 続きを見る


【MLB】MLBが正式なルール改正を発表。敬遠の省略化、不正投球疑惑のフォームは…

2017/03/03

MLB機構が、今シーズンから施行されるルール改正を2日、発表した。以前から話題になっている、敬遠の省略化などの項目を今季から正式に導入することを決定。主に試合時間の短縮が目的の改正であるとしている。    最も大きなルール変更は、投球をせずに敬遠が認められるようになったことである。新ルールでは、守備側のチームの監督が球審にサインを出すことによって打者に投球をしなくても一塁へ歩かせることができるようになる。    試合時間の短縮が目的の敬遠の省略化だが、昨シーズンは2.6試合に1回の割合でしか敬遠が行われていないなど、実際に試合のスピード化に繋がるのかという疑問の声も出ていた ... 続きを見る